適切なエネルギーの確保

エネルギーをしっかり摂ろう

昭和大学病院 栄養科科長補佐 管理栄養士 菅野 丈夫 先生にお伺いしました。


なぜエネルギーを摂る必要があるの?

一般の食品だけを使って低たんぱくの食事を作ろうとすると、主食もおかずも減らさなければなりません。すると、摂取エネルギーも減り、痩せてしまいます。さらにエネルギーが不足するとからだの中にあるたんぱく質が分解され、有害な老廃物が増えてしまいます。これはたんぱく質をたくさん摂ったときと同じ状態になるので、エネルギーをしっかり摂らないとたんぱく質を制限する意味がなくなってしまうのです。


主食をしっかり摂って、
エネルギーを確保する

主食を低たんぱく質食品に替えると、主食の量を減らさずしっかりと食べられるので、摂取エネルギーも確保することができます。そのため、食事療法においては、主食に低たんぱく質食品を使うことが不可欠なのです。

主食からのたんぱく質を
0.2gに抑えた場合のエネルギー量

主食からのたんぱく質を0.2gに抑えた場合のエネルギー量


調理のひと工夫でエネルギーアップ

主食を低たんぱく質食品に替えてもエネルギーが不足してしまう場合は、調理方法にひと工夫加えてみましょう。

調理のひと工夫でエネルギーアップができます





エネルギーアップのコツ

主食をでんぷん製品や低たんぱく質食品に替えてもエネルギーが足りない場合に、エネルギーを摂取するポイントをご紹介します。

糖質・脂質で補おう

砂糖、油脂類はたんぱく質をほとんど含まないため、エネルギー源として大いに活用できます。

  • 砂糖の代わりに! 粉飴

    エネルギーは砂糖と一緒ですが、甘味が少ないため砂糖よりも多くの量が使えます。
    ご購入はこちら商品ページへ

  • 粉飴
  • 取り入れよう! MCT

    MCT(中鎖脂肪酸油)は速やかにエネルギーになるため、消化吸収に優れた、脂肪になりにくい油脂です。

    <手軽にエネルギー補給>
    • 粉末タイプ:たれやソースに混ぜ込んで
    • 液状タイプ:パスタなどの料理に加えるだけ

    ご購入はこちら商品ページへ

  • マクトンゼロパウダーと日進MCTオイル

調理法を変えよう

同じ食材でも調理法によって摂取エネルギー量は大きく変わります。
調理法を変えて賢くエネルギーアップしましょう。

卵の調理方法の工夫
魚の調理方法の工夫

主食以外でもたんぱく質調整食品を使おう

たんぱく質調整食品にはおかずの代替えとなる商品や補食として使えるデザートもあります。

  • 豆腐の代わりにシルキー

    たんぱく質を調整した、高エネルギーの豆腐風食品です。そのまま食べることもアレンジすることも可能です。

  • 手軽なレトルト食品!やさしくラクケアシリーズ

    食物繊維などで、肉の風味・食感を再現した肉様食材を使ったおかず。1食あたりたんぱく質3g以下。

  • 捕食にデザートを!

    お菓子も多数掲載しています!

●腎臓病について

栄養価計算がラクチン!無料でご利用できます!

無料 日々の食事管理に! ヘルシーネットワークで栄養計算 >