たんぱく質・塩分調整食品をお使いの方

体験談様(男性)

腎不全

大阪府 マムマロさん 71歳 男性♂

「たんぱく質調整ごはんを毎日食べています」

■ある程度覚悟していたたんぱく質制限

若い頃からの痛風による影響で腎機能が低下し、クレアチニン値が危険水域となり、透析を回避するためにもたんぱく質制限を医師より言明されました。
栄養指導でたんぱく質制限と言われ、食事の見直しが必要になったのです。
突然のことではありましたが、定期的に通っていたクリニックで指摘されていたので、ある程度は覚悟しており、驚きはしませんでした。

■たんぱく質調整ごはんやおかずを利用しています

肉・魚は手のひらに乗るだけのサイズに制限していますが、もともと小食なので減らすこと自体に抵抗はありませんでした。ただ、好物のすき焼きやトンカツなどは全くメニューにあがらず、寂しい思いをしました。
たんぱく質調整ごはん(そらまめ食堂 1/25ごはん)は市販されておらず、ネットで購入先を探しました。また、毎食作るのは大変なので、ピーエルシーお惣菜やゆめのレトルトおかずなどの商品も時々注文して利用し、助かっています。
特にごはんは主食でもあり効果も期待できるので、毎日食べています。
また、どうしてもカロリー不足になりますので、ハチミツやカロリー補給ができるカップアガロリーやたんぱく調整ビスコを利用しています。

■今後も努力していく覚悟です

食事療法を続けていくために、食べ放題の宴会やパーティーへの参加はしません。自分でコントロールできる料理の場合のみ参加するようにしていますが、基本的には不参加が多いです。
また、必ず食品のたんぱく質量表記を確認し、1日の摂取量をコントロールするようにしています。
これまでの食事療法で得た経験や商品を活用しながら、透析を避けるために今後も努力していく覚悟です。

< みんなの食事療法の一覧に戻る

栄養価計算がラクチン!無料でご利用できます!

無料 日々の食事管理に! ヘルシーネットワークで栄養計算 >

たんぱく質・塩分調整食品をお使いの方ランキング

たんぱく質・塩分調整食品をお使いの方700品以上をそろえるヘルシーネットワークから人気ランキングをご紹介!