たんぱく質・塩分調整食品をお使いの方

慢性腎炎

兵庫県 てんてんさん 50歳 女性♀

「気楽な感じで肩ひじはらずに作れています」

■レトルトタイプのごはんが便利

主食のご飯は、いつもたんぱく質調整ごはんのゆめごはん1/25トレー 小盛りピーエルシーごはん1/25 小盛を使用しています。
家族用には普通のお米を炊きますので自分用に一人分でしたら、レトルトタイプが便利で丁度良いと思います。

■制限があっても家族と同じメニューです

麺類もたんぱく質調整タイプのアプロテン たんぱく調整スパゲティタイプそらまめ食堂 たんぱく質調整うどんを使っています。
おかずなど作る際は、味付け時に自分用に取り分けて塩分の調整をしています。家族用と自分用を分けず途中まで一緒に作れますので、手間をかけずに減塩のメニューが作れます。
たんぱく質調整タイプの麺を使用したり、途中まで家族と同じように作ることで、家族と同じ食事をしているという満足感が得られ、食事制限しているという感覚もなく続ける事が出来ています。

■今では肩ひじはらずに続けられています

最初は食事制限なんてって難しく考えていました。
ですが、主食のごはんをたんぱく質調整米に替えたことで、たんぱく質を摂る量が自然と制限内に収まるようになりました。すると、徐々に食事療法のコツを掴めるようになり、今では気楽な感じで肩ひじはらずに食事を作れています。
病院ではいつも先生に誉められるんですよ。食事制限良くできてる。素晴らしい。なんて。
生活日記ごはんツインパック1/25げんたそばなど、今まで使用したことのない商品も試しながら、これからも食事療法を続けていきたいと思っています。

< みんなの食事療法の一覧に戻る

栄養価計算がラクチン!無料でご利用できます!

無料 日々の食事管理に! ヘルシーネットワークで栄養計算 >

たんぱく質・塩分調整食品をお使いの方ランキング

たんぱく質・塩分調整食品をお使いの方700品以上をそろえるヘルシーネットワークから人気ランキングをご紹介!