お電話でのご注文は9:00〜17:00(日・祝除く) 0120-236-977

Useful Information お役立ち情報

食事療法・食介護を行う上で、おさえておきたい情報をお届け

炎症性腸疾患に関する情報

炎症性腸疾患とは(潰瘍性大腸炎・クローン病)

【監修】 東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床栄養部 副部長 斎藤恵子先生

潰瘍性大腸炎とクローン病は若年者に多く発症し、寛解(かんかい)と再燃を繰り返し、慢性に経過する難治性の炎症性腸疾患です。彼らが発症する年代は、身体を作るうえで大事な時期であるとともに、就学、受験、就職、結婚、出産など人生において大切なイベントがたくさんある時期なので、症状に応じた生活や食事への配慮が重要です。

炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)の代表的な疾患

厚生労働省の特定疾患(難病)指定

  • 潰瘍性大腸炎 (Ulcerative Colitis:UC)

    大腸のみに発症する潰瘍性大腸炎は、食事が原因で再燃することは少ないといわれています。あまり神経質にならず、バランスのよい食事を心がけましょう。

    寛解期
    1. 1.厳しい食事制限をすることはないが、暴飲暴食や脂っこい食事は控える
    2. 2.刺激がある香辛料や、極端に熱いもの、冷たいものは控えめにする
    3. 3.下痢や腹痛、腹部膨満などが生じた経験がある食品は控える
    4. 4.腸内環境を整えるために、プロバイオティクスとプレバイオティクスを積極的に摂る
    再燃期
    1. 1.寛解期の食事療法に加えて、低脂肪の食事を心がける(クローン病の食事療法に準ずる)
    2. 2.水分を少量ずつこまめに補給する(発熱時や排便回数が多いときは塩分やカリウムも補う)
  • クローン病 (Crohn’s Disease:CD)

    口唇から肛門までの消化管(特に小腸や大腸)に発症しうるクローン病は、食事が再燃や寛解(かんかい)に関与するので、栄養療法(成分栄養、消化態栄養、半消化態栄養などを用いる療法)を行い、食事の基本を守ってください。

    寛解期
    1. 1.栄養療法を続ける
      ※ 成分栄養剤を1日に900〜1,200kcal摂ると再燃を抑えられるとの報告がある
    2. 2.脂質は1日30g以下にする
    3. 3.腸管に狭窄(きょうさく)がなければ、食物繊維の厳しい制限は不要
    4. 4.下痢や腹痛、腹部膨満などが生じた経験がある食品は控える
    5. 5.腸内環境を整えるために、プロバイオティクスを摂る
    再燃期
    1. 1.食事量を減らし、その分、栄養剤を増やす
    2. 2.2〜3日、場合によっては1〜2週間、栄養剤だけにして絶食するのも効果的
    3. 3.水分を少量ずつこまめに補給する(発熱時や排便回数が多いときは塩分やカリウムも補う)
    狭窄がある場合
    1. 1.非水溶性食物繊維の多い食品や消化の悪いたんぱく質の摂取は控える
    2. 2.1度に食べる量を控える
    3. 3.栄養剤を増やす

用語解説

  • 寛解(かんかい)… 病状が落ち着くこと
  • 再燃 … 病状が再び悪化すること
  • 狭窄(きょうさく) … 腸管の内腔が狭くなっていること
  • プロバイオティクス … 腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう:腸内に生息する細菌の集団)に変化を及ぼし、生体に有益な作用をする生菌のこと(乳酸菌、ビフィズス菌など)
  • プレバイオティクス … 非消化性の食品で、特定の腸内細菌を活性化させたり成長を刺激し、生体に有益な作用を示すもの(食物繊維、オリゴ糖など)
PDFをダウンロード

ページトップへ戻る

食事療法の基本(食材選びのポイント)

【監修】 東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床栄養部 副部長 斎藤恵子先生

寛解期においては消化が良く、腸に負担をかけない食品を摂ることが大切です。主食を中心に、主菜(たんぱく質)、副菜(野菜、芋など)をバランスよく摂りましょう。脂質や刺激物は控えめにしましょう。

主食

主食(炭水化物)は、安全かつ、効率のよいエネルギー源。ごはんを中心に、十分なエネルギーを摂取する。

主食

おかず

  • たんぱく質

    病態を悪化させうる食品もあるので、注意が必要。たんぱく質の摂り過ぎは、脂肪の摂り過ぎになるので、摂取量にも注意。

    たんぱく質

  • 脂質

    脂肪は病態を悪化させるので、調理に使う油脂(特に動物性油脂)は極力控えめに。多脂性食品にも注意!

    脂質

  • 残渣(食物繊維)

    狭窄(きょうさく)がある場合は腸閉塞の原因となるので注意。狭窄がない場合は、柔らかく調理するなどの工夫をして摂取する。

    残渣(食物繊維)

PDFをダウンロード

ページトップへ戻る

ヘルシーネットワーク取扱商品をご活用ください!

  • 無脂肪・無残渣(消化態流動食)
  • 低脂肪・低残渣
  • エネルギー補給
  • たんぱく質補給
  • ビタミン・ミネラル補給
  • 水分・電解質補給
  • オリゴ糖補給
  • 食物繊維補給
  • 狭窄がある方へ

ご利用前のご注意

食事療法は個人個人の状態によりそれぞれ異なります。商品をご購入いただく際は、適切な利用方法をかかりつけの専門家へご相談いただきますようお願い申し上げます。

購入方法

ご利用ガイド」をご覧ください。
会員登録がお済みでない方は「会員登録」にお進みください。(カタログ番号は8800でご登録ください)

原材料などのお問い合わせは、0120-236-977もしくは「お問い合わせ」より承ります。

ページトップへ戻る

レシピのご紹介

ヘルシーネットワーク取扱商品を使った、手軽でおいしいアレンジレシピをご紹介します。


ページトップへ戻る

他社商品のご紹介

  • まんぞく君/エームサービス株式会社

    商品の特徴

    患者会の皆さんと一緒に作った低脂肪で、繊維も少ない商品です。

    • 脂肪と非水溶性繊維を控えています。
    • レトルトパックで保管、持ち運びが便利です。
    • 調理済みのため、そのままあたためてすぐに食べられます。
    • 消化されやすく蓄積脂肪になりにくいMCTオイルを使用しています。
    • ※ この食品は治療食ではありません。食べ過ぎにご注意ください。
    • ※ 疾患をお持ちの方は、かならず医師又は、栄養士とご相談の上摂取してください。
    お召し上がり方
    • 袋が完全に入る大きさの鍋を使用し、袋のまま熱湯で約3分温めていただくか、中身を鍋に移して焦げつかぬよう温めてください。
      • ※ 袋を直接火にかけたり鍋からはみ出したりすると、燃えて火事になる危険性があります。
    • 電子レンジをご使用になる場合は、かならず中身を電子レンジ用容器に移し、ラップをして温めてください。
    ご注文・お問い合わせ

    インターネットショップ

    最新情報をリアルタイムでご案内しています。

    TEL・FAX

    0120-814-041

    電話受付時間 10:00〜17:00 (土・日・祝日は除く)
    FAXは24時間受付

  • 楽チン!ライフ/NPO法人 楽チンライフ

    商品の特徴

    専属の管理栄養士が監修!脂肪を控えた消化のしやすい冷凍食品です。

    • 油を控え、料理法を工夫し、食材に気を配りました。
    • 電子レンジの簡単調理で、忙しい時でも手軽に食生活が楽しめます。
    • ※ 病状によっては好ましくない時期もありますので、主治医・管理栄養士に相談してお求めください。
    お召し上がり方
    • 電子レンジで加熱してください。加熱時間は各商品に記載していますのでご参照ください。
      • ※ ご使用の電子レンジによって商品に記載のものと異なる場合があります。
    • ケーキ類はすべて自然解凍でお召し上がりください。
    ご注文・お問い合わせ

    インターネットショップ

    詳細情報をご案内しています。

    TEL・FAX

    086-243-9719

    営業時間 12:00〜18:00
    ※ サイト内にお問い合わせフォームもあります。

ページトップへ戻る

書籍のご紹介

ご購入は書店もしくは各社オンラインショップにてお願いします。

書籍のご紹介

ページトップへ戻る

IBD(炎症性腸疾患)患者さまへのご案内/三井生命

従来、IBDの患者さまは生命保険への加入が困難でしたが、平成19年1月より、一定条件のもとで加入することが可能となりましたので、ご案内申し上げます。

どうしてお引受できるの? IBDに対する医学・医療の進歩により、IBD患者さまの予後は飛躍的に良くなっており、NPO法人日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)の協力により、三井生命が独自に生命保険引受ノウハウを構築いたしました。
どんな商品に入れるの? 三井生命が現在販売しております個人保険商品にお申し込みいただけます。
  • ※ 保険種類等によっては、お引受けできない場合もありますのでご留意ください。
どんな書類を出すの? 申込書類(申込書、告知書等)に加えて、「専用診断書」を必ずご提出していただくことになります。
  • ※ 告知内容や専用診断書内容および過去の三井生命資料などに基づいて査定した結果、「お引受けができない」場合や、条件付にてお引受けさせていただく」場合もありますのでご留意ください。
詳細情報・お問い合わせ

三井生命のホームページ

個人保険商品についてご案内しています。

炎症性腸疾患専用 お客さま相談窓口

0120-270-706

受付時間 平日 9:00〜17:00
※ 土・日・祝日・年末年始は休業

ページトップへ戻る

最近チェックした商品